HOME > 私たちの思い > 山と街をつなぐ

 

 川上と川下の深いつながりを見つめ直す

 日本は国土の7割近くを森林が占める、世界屈指の森林大国であることは知っていますか。 森林が消滅すると文明も滅びるとよく言われますが、豊かな森林、元気な森林であることは、豊かな暮らしに大きく結び付くものなのです。 

川上(山)と川下(街)との関係は、単に上と下とのつながりではなく、環境も経済も互いに共生しあい、繁栄していく大切な関係なのです。 

私たちの取り組みの一つは、顔の見える関係で山(森林)と街(住まい)をつなぎ、木の文化、豊かな森林文化を見つめ直すことです。


 元気な森林をつくることが大切だ!

森林はたくさんの二酸化炭素を吸い込んだり、土の中に水を蓄えたりしてくれています。 それらの働きをしっかり行うには、山に植えた木の手入れをしっかりと行い、元気な森林をつくることが大切です。 間伐(間引き作業)という手入れを適切に行った森林は元気で、木がしっかりと根を張り土砂の流失を防ぎ、中に光が差し込み下草が生えたりして、二酸化炭素の吸収も、水の保水力も活発になります。 こうして元気な森林は、私たちの暮らしを守ってくれているのです。 

 

 でも、元気のない日本の今の森林!

でも今の日本には元気のない森林が増えています。 今まで森林を手入れしてきたのは、木を育てる林業をやってきた人たちだけど、木材の価格が下がってもうからなくなったのです。 戦後に木が不足していたい時期に、たくさんの木を植え、その木が育って使われる時期が来たのに、外国から入ってきた木材がたくさん使われているのです。 日本の木が使われないから、木を伐ったりする手入れがされなくなり、日本の森林は元気がなくなっているのです。

 

 地場の木材を使って、環境と健康を守る!

日本の豊かな森林・元気な森林をつくりだすには、家づくりに地域(地場)の木材を使うことでした。 また住まいに地場の木材を使うことは、地域の環境・地球の環境を守るだけではなく、木材を使った家で暮らすことは、住む人の健康にもとても良いことなのです。 住まいに地場の木材を使うことは、もともと当たり前のことで、環境に良いから・健康に良いから使いましょうなどといわなければならないことが、不自然な世の中なのです。 家の造り方も日々の暮らし方も、自然な形を考えなおしてみませんか。

 

私たちの森に入ってみませんか
私たちの森に入ってみませんか

HOME > 私たちの思い > 山と街をつなぐ

サーカス見たくて開設

 群馬の自然住宅の会

地場の木材、自然素材、自然エネルギーを活用し、未来の子供たちに受け継ぐ財産として価値ある住まいを考え、地球や地域の環境に優しく、住む人の健康にも配慮した安全で安心な家づくりを進め、住まいと暮らしの提案をしていきたい。

会員は、群馬県前橋市・高崎市・桐生市・太田市・伊勢崎市・みどり市を始め、館林市・渋川市・沼田市・安中市・富岡市・他群馬県内各町村、並びに栃木県・埼玉県・他関東各都県

<サイト管理責任者>

〒376-0301

群馬県みどり市東町沢入986

  松島克幸

TEL : 0277-46-8041 

FAX : 0277-95-6920

 

 お問い合わせ

 

アクセスカウンター

(今日・昨日・合計)

Since 2010.09.01