HOME > 私たちの思い 

 

 私たちの家づくりへの思いは

◇ 群馬の森林や群馬の自然を知り、家づくりにつなげる

◇ 地場の木材の良さ知り、木の良さを活かした家をつくる

◇ 自然エネルギーの活用、省エネルギーの促進を踏まえて家をつくる

◇ 家族が健康で幸せに暮らせる家のつくりと、つくり方をすすめる

◇ 循環する家づくりと社会を考え、環境への負荷の少ない材料を使う

◇ エネルギー危機や脱地球温暖化のために、石油への依存を減らす

 地場の木材でつくる。

 

 日本の家は、その地域の気候風土の中で育った木を使うことが、丈夫で健康的で安全な家となるのです。 そして今、日本には、家に使える木材が十分育っているのに、海外からの輸入木材やプレハブ造りの家がもてはやされ、地の木材が使われず、山の荒廃も招いています。 私たちは、日本の家に適し、環境への負荷も小さい地場の木材で家をつくります。

 

 自然素材でつくる。

 

 今の家は、施工性、工期短縮、安価でクレームが少ない、と言った施工側の都合から、合板フローリングやビニールクロスなどの工業製品によって造られています。 そして、住まい手にも、あたかもそれらが良いもののように伝わり、それが当たり前の家となっています。 私たちは住まい手の安心と安全を第一に考え、健康に配慮された自然素材を使用します。 そして役目を終えた時も、土に還ることができる、環境負荷の小さい素材でつくります。

 自然を利用して乾燥する。

 

 良い家をつくるには、木材は乾燥して使うことが不可欠です。 近年、木材の乾燥は、機械による人工乾燥が主流となっていますが、人工乾燥の多くは、温度を高温にして短期間で乾燥を仕上げる方法が取られています。 木材は元々製造時のエネルギー消費が少ない材料ですが、これら人工乾燥では、多くの化石燃料を消費してしまいます。 また高温での乾燥は、木材の内部割れが生じ、強度不足の問題も生じています。 私たちは木材の乾燥において、古くからの実績があり、エネルギー消費の少ない天然乾燥を優先しています。

 

 地域の職人でつくる。

 

 木は木材となっても生き続け、一本一本個性があります。 そんな木材の特性を見極め、適材適所に使いこなしていくのが、熟練した大工職人です。 そして家づくりは、大工職の他にも、それぞれの各種工事を受け持つ職人によって、建てられていきます。 私たちは、地域の職人や設計者により、伝統・技術、そして文化を未来に継ぐ家づくりを進め、ともに地域内での経済循環が行われる仕組みにて、家づくりを進めます。

 

 循環する暮らしを提案する。

 

 木は成長する段階で二酸化炭素を吸収して、炭素を固定します。 そして伐採して木材として使われている間に、次の世代の木材が成長し、役目を終えた木材はやがて土に還るという、循環を繰り返す素材です。 我々人間の営みも、もとは自然と共生し、地球の循環の中で暮らしていました。 私たちはそんな循環する暮らし方を見直し、持続が可能な、より簡素な暮らしによる家づくりをプランします。

 

 脱石油社会・低炭素社会をデザインする。

 

 石油なしでは成り立たない今の世の中ですが、便利で快適な暮らしを送れる反面で、石油のエネルギーと製品の消費により、CO2や化学物質を、地球が浄化できる限界を越えてしまっています。 また、石油資源は、今後不足する大きな問題をも迎えようとしています。 私たちは地球上の限りある資源の無駄使いをなくし、持続が可能な社会を構築するために、脱石油で低炭素な社会を模索した家づくりを進めます。

 

HOME > 私たちの思い

サーカス見たくて開設

 群馬の自然住宅の会

地場の木材、自然素材、自然エネルギーを活用し、未来の子供たちに受け継ぐ財産として価値ある住まいを考え、地球や地域の環境に優しく、住む人の健康にも配慮した安全で安心な家づくりを進め、住まいと暮らしの提案をしていきたい。

会員は、群馬県前橋市・高崎市・桐生市・太田市・伊勢崎市・みどり市を始め、館林市・渋川市・沼田市・安中市・富岡市・他群馬県内各町村、並びに栃木県・埼玉県・他関東各都県

<サイト管理責任者>

〒376-0301

群馬県みどり市東町沢入986

  松島克幸

TEL : 0277-46-8041 

FAX : 0277-95-6920

 

 お問い合わせ

 

アクセスカウンター

(今日・昨日・合計)

Since 2010.09.01